[UFSR-014] Loserd Retaliation EP [Free DL]

L Retaliation



[UFSR-014] Loserd Retaliation EP
1.FALCHiON - Losers Retaliation
2.FALCHiON - Megaton dB

2017 ハードコアの日リリース
Free DL(Bandcamp) https://ufsrecords.bandcamp.com/album/ufsr-014-losers-retaliation-ep

アート、特に音楽というのは、内的世界の表現手段としては非常に便利で、また危ういものである。
果たして外界からどのように見られているかなど、人によって千差万別なのでもはや興味を持つだけ無駄ではあるけれども、言葉の使用や感情の統制に難有りと自覚している身としては、音という手段程魅力的な世界は無かったのだと思う。
しかし結局は、アウトプットする内容の大部分は、自分の闇や誰に向けたらいいか分からない敵意が大部分を占めていて、油断すれば音という枠をいつの間にか壊し、誰かや集団を攻撃して、その度に救いようのない己の人間性を責めて罰を下すという悪循環の連続だったように思える。表現という快楽、それこそまるで違法な薬物のように音を言い訳に利用して、結果現実世界での選択肢を狭めていた。たった10年程に過ぎないが、己を完全に破壊し人を徹底的に疑りの目で見るようになるには十分過ぎた時間だったように思う。
まだ目は醒め切って居ない、が、もはや己への罰や周りへの敵意の手段として音を利用する事に疲れてきた、一方で、なぜ好きな「音楽」でそんな望んでもいない苦労を己に強いていたのか。気付けば周りにすっかり遅れをとり、それ以上に己の人間性は崩壊寸前ではないか、なんだこの有り様は。
負け犬となり下がったのなら、まずはそこまでミスリードした過去の己を倒し、許して先に進むしかないではないか。
それすら出来ず、何故他者に敗北の原因を求める事が出来ようか。
もう一度ゼロから、音の作り手としても、人間としても、再出発するしかないではないか。
本当に己がしたかった事を取り戻すまで、まだ少し時間は有る。

真に打ち倒すべきは、過去の己だった。
そうでなければ、先へは進めない。

2017.8.5
UFS Records
(soundcloud) https://soundcloud.com/u-f-sequencer
(bandcamp) https://ufsrecords.bandcamp.com
スポンサーサイト
リンク
プロフィール

ゆーえふ

Author:ゆーえふ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク